本文へ移動

“三嶋ひでゆきさんってどんな人”

馬場純子(NPO糸島:代表)

熱い想いの人です。
三嶋市議には、困ったときはいつも親身になって相談にのって頂き、時には市役所との橋渡しをして頂いています。他人の夢にも本気で向き合ってくれる、気さくで頼もしい存在です。
  つねに市民に寄り添った考え方をされており、語りあっていたら熱く盛り上がり、いつも時間が足りません(笑) 同じ気持ちをもつものとして心から応援します。落語もなかなかお上手ですよ。

波多江保彦(おもちゃ病院伊都国:院長)

実行力もある頼もしい存在
平成17年、旧前原市総合計画審議会で、同じ公募委員として“まちづくり”について議論したのが初めての出会いです。その後彼は市議会議員、私はボランティア団体代表となって立場は違いますが、以来10年間肝胆相照らす交流が続いています。
 彼の「より良いまちづくり」への情熱は、彼が戸別に配布している市政ニュース『伊都国21』にも表れております。話をしても地方自治についてよく勉強をしており、実行力もある頼もしい存在です。

田代百合香(主婦)

子どもも大ファンです
三嶋ひでゆきさんとは、市民農園で知り合いました。私が子どもを連れて農園に行くと、いつも夫婦仲良く野菜作りにいそしんでおられ、子どもに芋掘り・栗拾い・キュウイ狩りなど、普段では出来な色々な体験をさせてくれます。
 小学生の娘も「あのおじちゃんと、この前一緒に学校のゴミ拾いやったよ」と仲良しです。教育や子育てにも熱心ですので、子どもたちの夢を実現してくれそう。

松山辰雄・酒井忠彬(ごみゼロ青春探検隊いとしま)

こどもたちへのやさしい目線
三嶋ひでゆきさんとは、彼が波多江小PTA役員時代に“ぜひ子どもたちと一緒にゴミ拾いの活動をしてもらえませんか”と言われたのが始まりで、今でも隊員として毎週一緒にゴミ拾いを続けています。
 “どうしてゴミが落ちているのかなあ?”“ゴミが落ちているのと無いとどっちがいい”と、いつも子どもたちに問いかけています。『子どもに答えを見つけさせる』『子どもの心にボランティアの種をまく』そんな彼が好きです。

高田 綾(九州大学卒)

議員さんらしくない議員さんです 
三嶋議員には、議員インターンシップ研修生としてお世話になりました。威張ったところがまったく無く、親戚のおじさんみたいな親近感で誉めるも諭すもストレートに言ってくれるところが好きです。
  実際に糸島をドライブして、糸島市の素晴らしさを私たちに伝えようとする姿を見ていると“ホント糸島が好きなんだなあ”と感じます。これからの議会あり方などについてよく勉強されており、糸島になくてはならない人だと感じます。いつでも応援に駆けつけますよ!

吉田為夫(池田西シニアクラブ会長)

“初心を忘れず”取組む姿勢
ひでゆき君のお父さんとは同郷で、“息子が市政に参画したい思いがある”と支援を頼まれたのが始まりです。初当選以来、議会毎にかかすことなく市政ニュース「伊都国21」を配布し、“初心を忘れず”地道に地域やまちの課題に取組んでいます。
 特に『議員検定』に合格するなど向学心は旺盛で、議員という職に対する実直な姿勢は応援甲斐があります。気力・体力・知力とも充分で、これからの活躍を大いに期待しています。

福岡県糸島市
市議会議員
三嶋ひでゆき
福岡県糸島市波多江駅北3-21-18
TEL 092-332-9118

TOPへ戻る