本文へ移動

市政・政治コラム

定期的に配信しております。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

糸島の将来が楽しみ

2014-08-11

今日は若手議員と「不登校に関わる学習会」
今日は徳安議員のセッティングで、現場教職員から“不登校の現状”について説明を受け、いろいろと協議しました。複雑な要因が絡み合い、なかなか一筋縄では行きませんが、知恵を出し合い解決策を模索していきます。
 それにしても、アンダー50の徳安・高橋・波多江・藤井議員の行動力は“凄い!”の一言。2月に当選以来、すでに10以上の視察や学習会をこなしており、さらに次の仕掛けもやっている。 正直、今までの議員とは“学ぶ意欲”がまったく違う。糸島の将来が楽しみです。

『目的と手段』

2014-01-31
『目的と手段』
選挙になると、いろいろな方からご意見や質問を受けますが、すべてに答える時間がありませんので、代表的なものだけお答えします。
Q1.なぜ「働く議会への改革」が最優先課題なのか?
A1.図書館、原発、総合運動公園…糸島市には多くの課題あります。
例えば図書館移転問題。ある人は「あんな中途半端な物でなく、武雄図書館みたいなものが欲しい」「今のままではゆっくり本を楽しめない」「財政難の今、図書館なんて無駄」... まさに100人いれば100通りのご意見があります。10万人の市民の方を満足させることは不可能です。しかし議会は、答えを出していかなくてはいけません。
 そのためには、議会が皆さんの元へ足を運び、なるべく多くのご意見をお聞かせ頂き、十分議論を尽くして市に提言すべきです。そして、議論した内容を市民の方にお伝えする義務が議会にはあると思います。“市民の代表”として選ばれた議員ですから。
 「皆様のご意見を聴く」「議論を尽くす」「皆様にお伝えする」それが、真に“市民の代表としての議会”であり、すべての基本だからです。 議員になることが目的の方もおられるようですが、目的は“糸島に住んで良かった”と多くの方が思える街にすることこそ、選挙で選んで頂いた議員の責務です。

“身近かで、働く議会”議会への改革に、不撓不屈の覚悟で取組むことをお誓いします。

人生捨てたもんじゃないね(^_^)

2013-12-21
今日、行きつけのクリーニング店に行くと“選挙近いんでしょ” 急だったので “あ・あ、そうです…”
  日頃は季節の話ぐらいしかしたことの無い、名前も知らない受付の女性。まして自分から議員と名乗ったことも無いのに。
“何かお手伝い出来ることありますか?” “そ・そうですね、後援会に入ってもらえますか”とポケットから入会書を出すと “明後日、友達20人ぐらい集まりますので20枚もらえませんか?”
 不思議に思って尋ねると“いつも三嶋さんのニュース読んでますし、ゴミ拾いしながら子どもに挨拶されてるでしょう^_^”
悪い事があれば、いい事もある。人生捨てたもんじゃない。感謝・感謝です。(^∇^)

伊都国21 NO.36 8,000枚印刷完了!

2013-12-11
「8,000枚印刷完了」 高さ1mの紙 さあ 折るか!
私は議会毎に市政ニュース“伊都国21”を8,000枚発行し、駅や地域で配布しています。なにせ作成・印刷・折り・配布まで、ほとんど自分ひとり。 一回の配布で約120k:10日歩きます。
 まあ皆さんの税金から報酬を頂いておりますので、これぐらい当たり前ですが。私を見かけたら、声かけてくださいね(笑)

準備完了 『ハピネス』で何を売る。

2013-12-01
今度は、皆さんの夢を咲かせる。
 
 
 
 
 
 
スタンバイ完了 
後援会事務所のコンテナを探していたら、“恋のフォーチュンクッキー糸島”で最初に登場する筑前高校の近くにあったケーキ屋さん「ハピネス」のコンテナを譲ってもらいました。友人の娘さんがオーナーでとても美味しかったのですが、今度ケーキの企画会社に就職のため店を閉めるところだったので“渡りに舟”でした。
 さあ「ハピネス」で何を売る? 皆さんの夢を市政に届けてハピネスになってもらうよう頑張ります波多江小学校前におりますので、遊びに寄って下さい。

地元での落語は緊張します(笑)

2013-09-16
地域の公民館で落語
 
昨日と今日は各地で敬老会が開催されており、私も池田の公民館で落語を演じさせて頂きました。
いろんなところで演じていますが、地元は妙に緊張します。
また修行をして参りますので、これからもヨロシクお願いします。

世界に向けた約束は、最優先で果たす。

2013-09-09
2020年のオリンピックの東京開催を決定づけたのは安部首相のスピーチ。
健康問題は今までも現在も将来もまったく問題ない』『フクシマの状況はコントロールされている。東京にダメージが与えられることは決してない』と、今までこれほど威風堂々と世界に向けてスピーチした日本の首相がいるだろうか。
 ここまで世界に向けて大見得を切ったのだから、フクシマの収束に全力で取り組んでいくのだろうと心から期待しています。『健康問題は今までも現在も将来も、まったく問題ない』と言い切ったのに問題が起こったら、いったい世界は日本をどう思うのだろう… 

馬場純子『草食系男子』に喝を入れるの図

2013-08-19

8月9月は、大学生3名を“議員インターシップ”の研修で受け入れています。
 地域の課題を自ら探し出し、その解決策を考えるのが研究テーマですが、そのうちの一つが糸島への定住促進。 定住化には結婚も大事という事で、婚活に取組むNPOいとしまの馬場純子代表に話を伺いに行きました。
 そばで見ていて『 20ぐらいで“結婚とは⁈”と一度考えるのはいいことだな』と感じました。まあ思いとおり行かないのも人生ですが、まあそれも人生。アタックあるのみですぞ恋愛は!

何かすれてる

2013-05-31

5月30日の朝刊に、鹿児島県が利用低迷する鹿児島ー上海間の定期便のテコ入れのために、県予算を使って県職員1000人を研修派遣する予算を、6月議会に上程する記事が載っていた。
テコ入れのためなら公立高校の修学旅行を上海にして、旅費の一部を助成するとか色々な方法があると思うのだが。
行政はサプライヤー(供給者)目線に陥りやすい。“目的”と“手段”をはき違えてる。私が鹿児島県の議員だったら否決する。

武雄市 樋渡市長講演

2013-05-26

 5月25日の午後からは、九大で開催された武雄市長:樋渡啓祐氏の講演会に参加しました。この人やっぱ突き抜けています。会場の250人ほどの観客を、瞬く間に“樋渡ワールド”引き込みパワーには圧倒されます。言ってる事ややってる事がハチャメチャな感じですが、目標と結果が微塵の狂いがない。
   『どんなまちがイイまちだと思われますか?』質問すると『住んでる人が誇りに思えるまち』との答弁。私も全く同感です。子供たちに“私の故郷は、あの糸島です”と胸を張って言えるまちになるように、私も頑張ります。

福岡県糸島市
市議会議員
三嶋ひでゆき
福岡県糸島市波多江駅北3-21-18
TEL 092-332-9118

TOPへ戻る