本文へ移動

なんちゃない日記

なんちゃない日記

たどり着いたらいつも雨降り:屋久島

2011-10-31
10/29に屋久島の愛子岳(1,235m)に嫁さんと雨の中登ってきました。事前の天気予報で雨と分かっていたのですが、2ヶ月前から飛行機の早割り(半額近いので変更不可)で予約していたので中止も出来ず断行。
 標高200mぐらいの登山口から1,000mの標高差を7時間かけて往復。最初は小雨だったのが途中から本降り。頂上についても何も観えず、ただ九州百名山93番目をクリアーしたという実績のみ。林芙美子の小説「浮雲」で“1ヶ月に35日雨が降る”と表現されたように、平地は晴れていても山は雨。“海上アルプス”とよく言ったものだと妙に感心!
 ペンションに泊まって、翌日朝6時からモッチョム岳の登山を始めるが土砂降りになり途中で断念。 飛行機の時間までタップリあるので19年ぶりに屋久島を観光。観光名所の駐車場は「わナンバー」のレンタカーだらけ。おもわず“わわわあ〜屋久島は今日も雨だった”とオヤジギャクを口づさむ…

福岡県糸島市
市議会議員
三嶋ひでゆき
福岡県糸島市波多江駅北3-21-18
TEL 092-332-9118

TOPへ戻る