やり遂げなければならないことがあります。

やり遂げなければならないことがあります。
 
私に賭けて下さい!
 
1.議会改革に全力で取り組みます。
市民の代表である議会は、本当に皆さんの声をくみとる努力をしているでしょうか?「議会に関するアンケート調査」を実施。皆さんの意見や想いを聞かせて頂くために、議会が地域に出向く「意見交換会」の開催など。情報公開を積極的にすすめ“日本一オープンでフェアーな議会”を目指します。
  
 
2.子育て・教育環境の充実を推進します。
・これからの糸島を支える若い世代に糸島に定住してもらうために、子育て・教育環境の充実を推進し、糸島で子育てをしたいと言われるまちにしていきます。
 
 
 
 3.“住んでよかった”と思われるまちを目指します。
・“いいまちとは”とはなんでしょう?一番大切なことは、外部からの評価ではなく、そこに暮らす人たちが“ここに住んで良かった!”と感じれるまちだと思います。多くの市民の方の声に耳を傾け、少しでも幸せを感じて頂くまちにして行きます。
 
 

議員としての想い

議員としての想い
 
●“寝に帰る場所”から“暮らすまち”へ!
議員にとっては何よりも大切と思います。私が思う理想のまちは“そこに暮らす人たちが、心の
豊かさを感じられるまち”にすることです。私たちが暮らす糸島は、悠久の時代より伊都国として
栄えた歴史もあり、1,000m近い山並みから50kmに渡る美しい海岸線をもつ豊かな自然、豊富で
安全な食材があります私はこの糸島が大好きです。 

●そこに暮らす人たちが“誇りに思える”街へ!
少なくとも、あと5年以内に“九州に糸島あり”と言われるまちにしていきます。
私の夢は、子どもたちが将来大人になった時“私のふるさとは、あの糸島です”と胸を張って
言えるまちにすることです。

●絶対にぶれない!
私の判断基準はただひとつ“市民の方にとって将来的に何がベストなのか”だけです。「当たり前だろう」と指摘されるとは思いますが、100人いれば100の考えがあるので、議案の賛否の時にはいつも考えてしまいます。予算も少なく課題ばかりで“あれもこれも”の時代から“あれかこれか”と取捨選択をしないといけない時代になっています。正直“絶対これが良い”といものはなく“なにが最善なのか”しかありません。また、正論を言えば通るほど政治の世界は甘くありません。
私はいつも“何のために議員になったのか?”と自問しています。まだまだ力不足で、皆さんの想いに応える事が出来ておりませんが、これからも「媚びず、流されず、妥協せず」一所懸命努めてまいりますので、応援よろしくお願い申し上げます。
 

福岡県糸島市
市議会議員
三嶋ひでゆき
福岡県糸島市波多江駅北3-21-18
TEL 092-332-9118

039244
<<糸島市議会議員 三嶋栄幸>> 〒819-1107 福岡県糸島市波多江駅北3-21-18 TEL:092-332-9085 FAX:092-332-9085